人生楽しみ中。

楽しかったこと、思ったこと、自由に書いてます。

わたしには、

価値があり

自由があり

才能があって

その他のものがついてくるから、

 

大切なことを大切にし、

余計なことに時間を使わなくていいのだ。

 

ま、たまに

意図せず時間を使うこともあるけど、

わざわざよけいなクネクネして大切なことを避けなくてもいいということ。

 

余計なものとわかってて余計なことをやるのと、

余計かどうかわかんないから試してみるのは雲泥の差だしな。

 

余計なものが束になってやってきても、

 

ただ一個の大切なものにかなわない。

 

ゴミがいくらあっても、大切なものの代わりにならないのだ。

 

いらない能力がいくらあっても、やりたいことにはかなわないから。

 

余計な人間がいくらいても、大切な人一人の代わりにならない。

 

どうでもいい意見と、

自分の意見じゃ

比べ物にならないのだ。

 

大切なものはそう多くない。

 

人生の道も、曇ってるように見えても実はまっすぐなのだ。

 

あまりに道幅が広いから、道に迷うように感じるだけで。

 

実はその幅の中をウロウロしてるだけで。

 

もっと遠くからラクな気持ちで見たら、

 

「なぁんだ、これでよかったんだ。」

「堂々と、安心してよかったんだ。」

「何にも心配いらなかったんだ。」

「どうせ幸せだったんだ。」

「道はちゃんと守られてるんだ。」

 

そんな気持ちでいられる。