人生楽しみ中。

楽しかったこと、思ったこと、自由に書いてます。

ときめくことを知ってる

ときめいて上手く行ったことが今までの私にもある。

「もう、これをやる」と、一も二もなく決めたこと。

 

ひとつは高校受験の時。

とっても好きな子が行く高校だった

単位制で私服で校則が無くて、めちゃくちゃ憧れた

そんな理由がガッチリ重なったから、後悔も何もなく、「浪人してでもあそこに絶対行く」と決めていた。

滑り止めの私立を渋々(本当に渋々)受けて、受かってたけど、行く気は微塵も無かった。

そんな気でいたら、受かった。

高校でもダルいこととかイヤなことはまああったろう(忘れた)けど、ここに来たことを後悔したり疑問に思うことは無かったのだ。

自分が心から望んだと知っているから。

 

ふたつめは、二度目の大学受験の時。

大学にもう一度行きたい、今度は卒業し切りたい、それが一番の目的だった。

だから、やり抜けるか不確かな専攻に賭ける気にはならなかった。

じゃあ大学とか抜きに、好きで長く続けたいと思ってることって何だ?と考えたら、音楽だった。

さりとて音大に行く気は無かったし、準備する気もなかった。

音楽と、やり残した心理学。この二つを自由に学べるところがあったらな。

そんな気持ちで、(当時の職場のPCで)Googleさんに検索願ったら、望みの全部叶う近所の大学がポンと引っかかった。

えっマジ?と思いながら、在学生向けの要覧や授業案内を何度も熟読して、ここがいいなあ!と思った。

その時も、今年落ちてもまた来年、と思っていた。

受かった。一回大学辞めてる身だけど、真剣に説得して、親を口説いて、お金出してもらった。

在学中もいろいろあったけど、「今度は卒業する」それが一番の目的と知っていたから、そこだけはぶらすことなく卒業したのだった。

 

みっつめは、そうして入学した大学で参加したサークルのこと。

最初は、「音楽やるならオーケストラやってみよかな」と思ってオケの見学&体験に行った。

けどなんかしっくりこなかった。だからやめといた。

後日、友達と一緒にエレクトーンサークルのライブを観に行った。

カッコいい!!弾きたい!!と思った。ここにしよ!!と決めた。以上、だった。

サークルにいる時もいろいろあったけど、友達もできた、団体の代表っていう初体験もできた(いろいろあったけど)、納得して入ってたから、よかった。

 

 

 

ピン!!!やる!!!で決めたのは、今思い返すとこんなんかなーと思う。

 

 

 

ピン!!!やる!!!じゃなく決めたけど、おもしろかったこと。もあるし、

ぬ~ん……って気持ちで決めて、ああ、ぬ~ん……って気持ちになったこともある(伝わるのか?)。

 

それはまた別の記事で。