人生楽しみ中。

楽しかったこと、思ったこと、自由に書いてます。

ただわかって知ってほしかっただけなの。

ゆううつ。今回電話相談に頼ったのです。

そしてわかったこと。

わたし、人に謝られるのが好きじゃないんだなって、思いました。

だって、謝られたいわけじゃないんだもん。

「これがイヤだった。」「こんな気持ちになった。」「こうで困った。」

それを聞いて、受け止めて、そうだったんですねと、場合によってはじゃあこうしますねってやってもらって、そうしてほしかったんだと。

 

「ごめんね。」「役に立てなくてごめんね。」って、申し訳なく言われたいんじゃない。

 

(書きながら気付いた。謝られたら、自分の罪悪感を覚えるから。つらいんだと。)

 

だって貴方が悪いんじゃないのだ。

 

貴方を責めたいんじゃない。

 

起きたこと、言われた言葉がイヤだっただけで。

 

あなたが悪いって言いたいんじゃないの。

あなたを責めたいんじゃないの。

 

 

ただわかってほしかった。

 

知ってほしかった。私の気持ちを。

 

知ってわかってくれたら。それだけしてくれたら。

何かしようとか、謝ろうとか、しなくても、ただそうしてくれたら満足なんだ。

 

そう思いました。

 

だからなのか。やさしいひとに、自分を気遣ってくれた人に、でもそのやさしさを今自分が受け止める余裕がないときに、

謝られたりシュンとされたり悲しげにされたりすると、すごく嫌な気持ちになるのは。

 

 

相手がやさしければやさしいほど、

 

気を使われれば使われるほど……。

 

 

 

これって、友達関係でもそうかもしれない。

 

ただ、仲良くなりたかった。

あなたと仲良くなりたい気持ちを知ってほしかった。

 

見返りを求めたんじゃなかった。

アドバイスが欲しいのでもなかった。

質問と応酬をしたいのでもなかった。

 

ただ、あなたにわたしのことを知ってほしかった。

 

 

パンツが見たいのでもなかった。

スカートをめくりたいのでも、なかった。

ただ、あなたにわたしのこと気付いてほしかった。

笑。

でも婉曲だから拒絶される。笑

不器用な遠回り。

 

 

わたしは不器用だ。だからこそ……。

不器用な人にイライラしながら、だけどかまってやりたくて、仕方ないのかも、しれない。

 

 

それに気付いて相談員さんに「○○って言われるのすげームカつく。すげー腹が立つ。でも謝られたいんじゃない。あなたにムカついてるわけじゃない。ただ言葉がイヤだっただけ。言葉がイヤだったことわかってほしかっただけ。こんなに話を聞いてもらえて、善意でアドバイスくれて、それを私が受け止める余裕がないので、あなたが悪いんじゃなくて、ごめんって言って欲しいんじゃない。」

ってブワーッて正直にぶちまけた瞬間に

ブワーッて涙も鼻水も決壊したのでした。

 

 

フェイスタオル一本がしっとりする程度には泣いて鼻をかみました。ティッシュだとキリなくガサガサするから電話相談の時はいつもタオルでかんでいます。

 

でした。