さしみの、ゆったり日記

体と心を大事にしながら生きるさしみの日記です。

ラブレターを

出しました。

(昨日の記事"迷う時は"のつづきです。そしてラブレターは比喩です。)

出すだけ出してみることにしました。

出して何も起きなきゃオッケー。何か起きたらオッケー。どっちでもオッケー。ということで。

 

フラれたら諦めがつく。あるいは、フラれても気持ちは変わらなかった!ということを発見できる。受け入れられれば新たな道が拓かれる。

 

フラれるまでは、「あの時言っておけば自分はフラれなかったかもしれない……」「あの時あれをしたら今の自分は違ったかもしれない……」という、甘い後悔への夢想に寄りかかり続けることになる。

それは悪いことじゃないけど、今を過去のせいにし続けるただのラクな言い訳でもある。

 

当たって砕けろ、じゃないけど、砕けたら後悔はないんだよね。いや、何をしてもしなくても多かれ少なかれ後悔はあるけど、甘えはきっとなくなるよね。

 

これで何も起きなかったら笑える。それはそれでいいのだ。笑

 

ではではでは