さしみの、ゆったり日記

体と心を大事にしながら生きるさしみの日記です。

私の沼 なんか面白そうだから……

今週のお題「私の沼」

書いてみよう。

私は狭く深く短期集中型でゾッコン(死語?)にハマりやすい(そして一定の期間が終わるとスッと冷める)ので、
"沼"って言葉がどの程度を表すのかわかんないけど、私の尺度でイイなら、今までいくつもの沼にハマっては抜けてきたと思う。


・ゲーム沼
・ネット沼
・二次創作絵沼
・二次創作夢小節沼
アジカン解釈沼
・ライブ沼
半同棲(そして半家出)沼
・就活沼
・勉学沼
・出会い沼
自己啓発
・お笑い沼
・アプリゲー沼
……うん、いろいろあるね。


なんか殺伐としてきたから
・猫沼
・アルパカ沼
・うさぎ沼
こんなのも加えてなごましておこう。




・ゲーム沼~ネット沼~夢小説沼
これもいろいろあって。
最初はヴァルキリープロファイルファイナルファンタジータクティクスだった。
めちゃくちゃハマって何周もやり、(セーブデータが飛んでもめげず、)攻略本が手垢まみれになった(絵を描く参考にもしてたから)。
キャラ萌えの概念を知ったのはVPで、カップリング萌えに開眼したのはFFTだった。

FFTからネットでの交流を覚え、二次創作交流にハマり、死ぬほど絵を描き死ぬほど絡んだ。チャットとお絵描きチャット(もはや響きがなつかしい)に明け暮れた(そしてブラインドタッチがすごく上達した。事務作業が早くなった。笑)。人生初のオフ会参加もこの頃だった。

その後いろいろPSのゲームをやって
次はポップンミュージックから音ゲー沼にハマっていった。
死ぬほどやってた。朝から晩まで繰り返し繰り返し。執拗にスコアを埋め、パーフェクトを目指す……
しかもおかし片手にやっていたので太った。

その後、遙かなる時空の中で2(PSPの廉価版ソフトだったのよ)で乙女ゲーとの衝撃的な邂逅を果たし、メッタメタにハマった。乙女ゲーは禁断の果実だなーって思いました。食ったが最後、出てこられなくなるなーって。

そっから夢小説書く流れはお察しって感じで。
それまでカップリング創作(=妄想)の楽しさは知ってたけど、特定の相手のいない(もしくはいても気に入らない)キャラの萌え妄想の創作をする術を覚えてしまったんだよな。

乙女ゲーについては最近までいろいろやってました。

抜けたきっかけ…………
PSゲーは、本体が劣化して動作に耐えづらくなったから。
ネットは、中学卒業して高校に入ったらやっと学校生活や人付き合いの楽しさに気づいたから(泣けますね)。
夢小説は、書き溜めたHDDの中身をぜんぶ消したから(もったいないと思う概念が消えた)。
乙女ゲーは、たぶん手垢のついたPSPとキャラソンだらけのウォークマンを売りに出したことじゃないかと思います。




長くなったのでこのへんで。気が向いたら他のも書きます。




余談だけど、アルパカは
那須アルパカ牧場のアルパカはちょっと野性的でガラが悪くかなりおやつに貪欲で
那須どうぶつ王国のアルパカはフワッフワで温厚で人なつこくやさしいと感じました。(ひいきまるだし)
例えるなら殺伐とした公立中学育ちとのんびり自由な校風の私立中学育ちみたいなもんだと思いました。

おわり。