人生休学中。さしみのブログ

ただいま休学中。自分のために書きます。

あることを思い出した

ないものばかりをほしがってわざわざ自分の首を絞めてく

マゾヒスティックな人生の愉しみはさておいて……

 

それよりも今あるものをひとつひとつ思い出していくことにした

それは物質的なことももちろんそうだし、そういうことに限らなくても、なんでも……

これは"足りないという欠乏の焦りの幻想が生じたら、あるものに目を向けてみる"っていうことを

地道に訓練して、じわじわ身に付いてきたものの見方だった。

それを具体的にやってくれたのは明らかに私の力だけじゃなかったけど。特訓の成果である。

 

 

無い"ような気がして不安に思う"モノは、

たいてい"そんな気がする"だけ!!と思うのだ。

 

そうじゃなくて本当に無くて具体的に困っているものなら

さっさと取りに行くし。

それがうまくいってないなら焦ってるのは自分だけってことだと思うね。

 

今持ってるものを把握したら

そこから、もっと欲しいものを取りに行くことだってできるんだからさ。

 

カレーを作りたい、でもジャガイモが家に無かった気がする、っつって不必要に買い込んで

後で野菜室の奥から、芽の生えまくった昔のジャガイモが大量に出てきて、途方に暮れて悲しくなった、みたいなね……(例え話ってポンと出てこないね)

 

 

あるものを知る、ってことと、

ホントは明らかに足りてなくて欲しいってわかりきってるのに、「私はこれで十分だから」ってケッペキみたいな顔してむりくり痩せ我慢してる、ってこととは

また全然違うからね。

 

 

ホントは今すぐカレーが食べたいのだ。でもルーが無いのだ。

けどいい、私は野菜の茹でた奴で十分だから……(それが案外おいしいってこともあるけど)

って清貧気取るのとはちょっと違う、みたいなことさ。

いや、買えるし欲しいなら入手したらいいのに。買えない状況ならそりゃ別の手段をとるけどさ、でも今のあなたはできるのに認めないでやらないだけだね、って。

 

 

書きながらいろいろ自分に突き刺さることがあるのであった。

 

できるのに認めないでやらないを選ぶ、

そんなことけっこうあった。

あるいはもうとっくにできてるのにまだまだまだっつって向こう見ずにがむしゃらに走るとか。

いやそっちはもう十分だから違う方に目向けたら?力分けたら?って声に耳を貸さないでね。

 

けっこうあった、けっこうあってわざわざ自分で自分を苦しめて、苦しんでる自分に浸って一人で悦るのが好きななかなか気持ちのワルいめんどくさいヘンタイ気質がけっこうあった、

ってことを自覚した、

自覚した、からこそ、やっぱり、

今は"あるものに気付く"を地道に心がけているのだった。

 

 

実際いろいろゴロゴロあるんだよ。目を向ける気になると、あちこち、こんなとこから!?ってとこから、そんなものが!?ってものが出てきたり、ずっと探してたのに!!とかずっと欲しかったのに!!ってものが、とっくのとうに身近にあったり。

 

 

 

そんなことが多いのだった。