読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生休学中。さしみのブログ

ただいま休学中。自分のために書きます。

なんか……

なんなんでしょうね。

進んでわざわざやめとけと言われる道に突っ込んできた気もするし

進んでわざわざ生きづらさ感じて足掻いてる人のそばにわざわざいたような気がします。なんか、そっちのほうがおもしろい気がして。

はつらつと前向きに生きてたり楽しんでたりする人がなんかうさんくさく見えて。

 

でもねえ。

ほんとは楽しく生きたいに決まってるじゃないすか。

進んでつまんない生きづらい人生生きたいなんて思わないですよ。

なんかねぇ、生きづらい人生選んでれば、その方が幸せになれるんじゃないかって、勝手に勘違いしてたの。ちがうの。

幸せを選べば幸せになるに決まってるじゃん。

生きづらいと思う方ばかり選んでたのは、自分の感じてる「生きづらい感」を、否定しないで肯定したかったからなんだよね。

生きづらさを表に見せてない人とだけ一緒にいたら、自分の感じてる生きづらさがウソになっちゃうみたいでイヤだったんだよねえ。

 

こんな時は大好きな泉まくらさんの詞を思い出す。

「苦しみを知れば人に 優しくなれるなんて嘘に 振り回されて罪滅ぼし みたいに自分を押し殺し いつも誰かのおかげ自分のせい その方がわかりやすいやって」

 

……まあでも、この詞を知れて感動できたことがそれはそれでよかったんだろなぁ。他人の気持ちなんか完全にはわからない、としても、自分の心の琴線に触れる詞があった、それを書いた人が生きてた。それでいい、そんなもんでいいのかもしれない。

 

私も人の心に触れるものを産み出したい、そう思ったのはいい、そうなれるすばらしい人間になるために自分の心を置き去りにして勉強を重ねた、そこがちょっと偏りすぎだったのかもしれないな。

 

「大阪チャンネル」のアプリが実装されたので

さっそくダウンロードして、ルミネtheよしもと公演の滑狼を観ました。たしか気になってて前売りとれず行かなかったやつ。

おもしろかったわぁ~~~~。人狼ゲームはキライなんだけど、滑狼は笑いがあるだけまだ楽しかったなぁ。

でもきっと、ウソついたり人だますことを単なるゲームとして楽しめたら、人狼もおもしろくなるのだろうな。