さしみの「猫とオルガンと心と体」日記

体と心を大事にしながら生きるさしみの日記です。

「ダンディーひつじ執事」に、

ハマりました。
たまたま有線で流れてきて、なんやこれ!!って耳に焼き付いて離れなくなって。調べてみたら萌えた。えらいイイ声の人だと思ったら、オペラ仕込みの歌手さんだったんだ……ステキやわ。

「今が大事。」と「長い目で見て。」追記。

どっちもあると思う、そう思います。
どっちがいいとか悪いとか、0か100か、するかせぬか、白か黒か、ではない。です。

先の心配ばかりで今呼吸が浅くなって体がカチカチになってる人には、「今の呼吸を感じて、今あるものに目を向けて、大丈夫、」と思うし、

0か100か、今が全てか、結果が全てか、そんな風に
目先に捕らわれて生き急いで苦しくなってる人には、
「長い目で見て、すくすく育ってるから大丈夫、」と思う。のです。

また生理の話になるけど、
漏れる漏れないを心配してキュウキュウになってる人には、深呼吸して体を緩めようって思うし。
「使いこなせない」「痛みがある」「ダメだぁ」って思う人には、確実に体は変わってるから大丈夫って思う。


楽器の話で言うと、
「もっと上手くならなきゃ」「成果を出さなきゃ」って思って焦ってキュウキュウになってる人には、
「今目の前の演奏を楽しもう、呼吸して、からだ緩めて、楽器を弾ける楽しさを味わおう、」って言うし。
例えばコンクールとか試験とかで思うように結果が出なくて、今が全てと自暴自棄になって止めようとしてる人には、「止める止めないは自由だけど、確実に成長をしてるから、長い目で見て、結局大丈夫。」って言うのです。

ダイエット、生き物の成長、スポーツ……なんでも同じだね。

生理をもっとシンプルに。

誰のブログで読んだか忘れましたが、
「女性が本来持ってる当たり前の営みに、痛いも辛いも感じなくてもいい。」
みたいな内容のことが書いてあって、そらそうだな〜、と思ったことがあります。

小さい頃、トイレは垂れ流しだったけど
訓練で用足せるようになったよね。
それと同じでいいと思う。(そしてたまには垂れ流すことがあってもいいし(不意の垂れ流しに凹む大人は意外といると最近知った。笑)、やむなくおむつを使うのはいいのである。)
習慣を変えて、工夫を変えて、気持ちを軽やかにしていけば、体も軽やかになると思うのだ。
カンペキじゃなくても。

「痛いも辛いも感じなくてもいい。」っていうのは、
痛いや辛いを感じる自分はダメだわ〜〜、って責めることじゃなく。
「あ、ほんとは、痛いとか辛いとか思わなくていいんだ。もっとラクに自然にしてあげていいんだ。私の体はホントはそれができるんだ。じゃあやってみよう♪♪(* ̄∇ ̄*)」って、さわやかな気持ちになれることだと思う。
そして挑戦には失敗も試行錯誤もつきものである。
子どものころ、何度大便小便を無邪気に漏らしてたかなんて知らないでしょ。笑
それでいいんだよ。失敗と思わなくていいし、無邪気に次にいけばいいのだ。
トイレを覚えたのだって、その方が自分は快適だといつか理解したから、備わったのだろう。


そして生理に限ったことじゃない。
いつも、どんなことも、「自分はもっとラクできるかも」「快適になれるかも」「なにができるかな?(* ̄∇ ̄*)」そうやってワクワクしてみること。
それが楽しみなのかなと思う。
そう思えない時は思えないでいい。笑

長い眠りから覚めて、体が起きてきました。
そろそろ復活かな?徐々にね。

次の生理に何使おうかな〜、って、布ナプキンサイトを見ながらあれこれアイデア巡らせて思ったことでした。

うん、やっぱり、シンプルなハンカチ型にトライだな。ホルダーとかもなしで。ためしに。

布ナプキン制作されてる人の工夫や商品開発には頭が下がります。
どこのお店も、違った形や違った工夫、違った思いを持っています。
だから使い心地も商品の形状も特徴も違うのは当たり前で。
合ったり合わなかったりモヤッとしたりするのも当たり前で。
そうして試しながら、ひとつひとつ己の快適な生理を発見していくのだと思う。
そして、行き着くところが自分専用オリジナル品の開発なのかなと思った。笑
体、気持ち、人それぞれ違うからね。同じなわけもない。細かいところで見ればね。

だるくて……。

予定をキャンセルすること、変えてもらうことの
多かった一週間でしたが、


周りのみんなに優しく声をかけてもらって嬉しいです。


どうもありがとう。


かなり休息に深く体を沈めた。

じわじわ浮き上がるかな。

今日は寝た。

絢爛たるグランドセーヌ9巻読了。

また続きが気になる終わり方だー。

(ФωФ)(ФωФ)(ФωФ)(ФωФ)(ФωФ)(ФωФ)(ФωФ)(ФωФ)(ФωФ)(ФωФ)(ФωФ)(ФωФ)(ФωФ)(ФωФ)


さくらが奏のことを
「コミュ力お化け」って表現してたのに笑った。
でも確かに読んでると、奏のコミュ力と明晰さを眩しく感じるのだった。

さくら、絵麻ちゃんの今後も気になるよー。

自己管理、って。

自分を厳しく見張ったり、
目標通りにやらせようとすることじゃなくて。

どうしたら今自分が気持ちよくいられるか。
変な風に疲れを残さずいられるか。
楽しい時間を大切に過ごせるか。
そういうことを、毎瞬毎瞬気付けることだと思う。
そしてそれはどんな状況でもそうだし、選べるのだ。


だから「工夫しない人が悪い」ではない。他人はどうでもいい。
今自分が息苦しいのだったら、気付いて息を緩めてあげられるのも自分だよ、
幸せを選べる力が自分にはあるんだよ、
ってことを知ってていいってこと。

だから「ポジティブでいなきゃ」とか「幸せじゃない自分はダメ」ではない。別にいい。なんでもいい。
ただ、選べるよってだけの話。それだけ。

地に足のついたスピリチュアル、それは、

自分の現状を知った上で、楽しく生きること。


楽しくないのに、楽しい楽しい言って、
中身がカピカピなのに、キラキラを装って、
そうすることではない。


スピリチュアルって、意外と地道。
輝かしさってけっこう地道のつみかさね。
逆もまた本当で、死にたさって、小さな不満の積み重ね。
小さな不満に気づくこと。小さな幸せを積むこと。
(節約しろとか我慢しろとも違う。)

それを軽視した末に、今の自分がある。
一度に何かが変わり、一度に何かがなくなり、
一度に何かが手に入ることばかりを追い求めて、
自分に無理を強いてきた末に。


ああ、雨だからと引きこもりをきわめてたら心がすさんできたな。