人生楽しみ中。

楽しかったこと、思ったこと、自由に書いてます。

誰に何を言われても

何を感じても、

いつでも私は私で良かったんだ。

 

そういうことだ。

 

もちろん今でも。

 

シンプルだった。

 

 

誰に何を言われても。

それがどんなに不愉快でも。

どんなに心を抉られる感じがしても。

どんなに自信満々でも。

権力者に見えても。

関係なかった。

 

 

 

本何冊

ブログ何本読んでも

いや、読めば読むほどに、

モヤついたことが。

 

今、よーくわかりました。

 

 

どうもありがとう。

「自分」と「何か」が

癒着してないから、

離れるのも手に取るのも自由だよね。

 

仕事でもお金でも家族でも恋人でも友達でも。

 

癒着してるから、剥がすの痛く感じるんだ。

 

 

 

「自分を好きな人のメンタリティ」を考える時、わたしは

頭の中にいつも「GALS!」の寿蘭を思い浮かべている。

 

 

 

 

 

誰かに何度も言われてもわからなかったことも

言い方や気持ちや言う人次第で腑に落ちたり落ちなかったりするものだ。

なんでもそうかな。

例えばだけど……。

自分の行きたい初めての場所に

人を連れて行って、

自分は楽しかったけどその人には合わなくて、その人が不機嫌になった場合

わざわざ自分を責めない

ってことだろ。

「あっそ」と思うか、

「じゃ次はこの人と来ないどこう」とか

デートなら「他の場所を試そう」と思うとか

そんなもんだろ。

選んだ自分を責めないだろ。

 

そういうことなんだろ。

 

責めないから、選ぶのも試すのも怖くないでしょ。

相手を責めないから、要望や苦情を伝えるのも怖くないでしょ。

 

そういうことでしょ。

つまり、

「自分を好きな人」は

今の私と同じ状況でも

自分を嫌いにならないんだ。

 

ごーん。

さっきのしいたけ

占いまとめを読んで思ったこと、

「自分を好きな人のメンタリティ」は

「自分を嫌いな人のメンタリティ」と

違うのかあ、ってこと。

当たり前に聞こえるけど、そっかあって今思った。

自分を好きな人は

失敗しようと

迷おうと

沈もうと

30点取ろうと

愛想悪くても

ブッチしても

バックレても

頭良くても

誰かに好かれても

嫌われても

そんなんじゃダメよって言われても

あなたは素晴らしいって言われても

デブでも

ブスでも

スリムでも

美人でも

そんなこととは変わらず、自分が好きなんだ。

反省もダメ出しもしないんだ。

深い。

だとしたらどんだけ、誰に望まれてもないのに、勝手に自分を見張ってたのだろう。

テキトーにやろうとやるまいと

真剣にやろうとやるまいと

何をしようとするまいと

自分を好きなことが変わらないんだ。

何かをやめても始めても。

何かをやることで自分を好きになろうとかいう発想がそもそもないんだ。

だってそもそも好きだから。

何かと自分はくっついてないから。

だからやめるもやるもただそれだけなんだ。

 

 

 

 

ごーん。

しいたけ占いインスタLive獅子座編

https://voguegirl.jp/lifestyle/20170728/instalive-shishi/

あーくそー!!!!すごいわかるぞこのやろーーーー!!!!!!ι(`ロ´)ノι(`ロ´)ノι(`ロ´)ノ<(`^´)><(`^´)><(`^´)><(`^´)>(`´)(`へ´*)ノ(`へ´*)ノ(・ε・` )(・ε・` )(・ε・` )

"ふつう"らしきものの尊さ

ふつう と思って軽視したことこそ

私の本当にほしかったもので、

 

特別 と思ってほしかったものこそ

どうでもいい、いらないものなのかもしれない。

 

 

ふつう と思って軽視してたあの人は

私のほしいもの全部持ってて、

 

特別 と思って憧れてた人は

自分とたいして変わらない生身の人間なのかもしれない。

 

会えばわかるよ。